歯肉炎、歯周病かな?と思ったときは?

歯と歯肉の境目に赤みがあるという症状は多くの人が経験していると思います。
特に痛みもないし出血もしていない、もしくは歯磨き時に少し出血するというような症状があっても大事ではないと考えがちです。

しかし、それは歯周病の始まりかもしれません。
生活習慣と言われる歯周病はおおむね35歳以上の人のものを指し、それよりも若い人にみられる症状は若年性歯周病(侵襲性歯周病)と言います。
若年性のものの特徴は急激に悪化することにあります。
原因となっている歯石を除去し、併せて抗菌剤や抗生物質の薬物治療を行うことが一般的です。
進行が進んでいると、歯茎を切開して歯石を除去する必要性も出てきます。
歯茎が赤くなっていると思ったら早期の受診が大切です。

そもそも歯周病とはどのようなものなのでしょうか。
それには歯磨きによって落としきれていない歯垢(プラーク)が原因となります。
プラークは細菌の塊であり、きちんと磨けていないと歯と歯茎の境目に付着している細菌が歯周ポケットという隙間を作り、その中に棲みつきます。
歯周病は歯周ポケットに入り込んだ嫌気性菌の感染による慢性炎症です。
歯周病菌の出す毒素で細胞を破壊し、しいては歯槽骨まで溶かしていきます。

歯周ポケットに付着しているプラークを放置しておくと歯石へと変化します。
歯石になると自分では落とすことができず、歯科受診し、専門の機器で落としてもらわなければなりません。
それも放置していると歯茎のみならず歯槽骨もとかしてしまい、最終的には歯槽膿漏となり、抜け落ちる結果となります。

先ず、少し歯茎が赤いという歯肉炎レベルで適切な方法で歯磨きをすると自然治癒することもあります。
歯磨きは誰しも行っていると思いますが、効果的な方法というものがあります。
専門家の指導を受け方法を体得することが重要です。
プラークコントロールが歯肉炎や歯周病を回避する最も重要なことになります。

また糖尿病と歯周病は密接な関係にあります。
糖尿病の危険因子として歯周病は喫煙と並んであげられており、糖尿病の合併症の第6位に歯周病が挙げられています。
重症化した糖尿病には多く歯周病が併発しています。
これは糖尿病によって体の抵抗力が減退していることも一因と考えられています。

このように軽視しがちな歯茎の炎症ですが、実は恐ろしい病気なのです。
最も大切なことは早期発見と早期治療です。
歯肉炎のレベルで治療を開始すると悪化は防ぐことが可能で、その状態を維持することに努めることが大切です。
また、単に歯茎の問題だけでなく、全身疾患と大きく関連性があることもあり、歯肉炎や歯周炎と思ったら歯科受診することが大切です。