子供の歯が生えてくるのはとてもかわいいものです。
乳歯は赤ちゃんの頃から生えてきますが、小学校に上がる頃になると永久歯へと生え変わります。
乳歯より永久歯の方が大きく、生え変わる段階になると前歯がガタガタしてしまう子供が多く見られます。
特に、最近の子供は顎が小さくなっているので、きれいに並ぶことが難しくなっています。

子供の歯列に矯正について悩んでいることがあれば、矯正歯科を受診しましょう。
矯正歯科に子供のうちから行くのは抵抗を感じてしまう人もいるかもしれません。
しかし、小さなうちから状況を把握することはとても大切です。
なぜなら、大人になってから矯正歯科に行くと、歯を動かす治療がメインになります。
子供であれば、まだ成長段階なので、歯を動かすだけでなく、骨の成長を促進するというアプローチが可能になります。

子供の歯並びが悪いからといって、ワイヤーの矯正装置を付けることは見た目だけでなく精神的な影響を考えてしまうこともあります。
思春期や反抗期であれば、装置を装着するのを嫌がってしまう子もいます。
ただ、今の矯正歯科では従来のワイヤー矯正だけでなく、マウスピースを使った方法も行われるようになりました。

マウスピースは透明で、装着しても目立つことがありません。
自分で取り外しができるので、食事や歯磨きといったお口の中に違和感を感じやすいい行動の際も安心です。
子供にとって矯正歯科に行くのは難しいことですが、ワイヤー装置を使わないということは抵抗感を減らすことができます。

矯正歯科は受診すればすぐに歯並びがきれいになるという治療ではありません。
初診から治療が終わるまでには年単位の時間が必要になります。
スタッフの治療はもちろんですが、治療を受ける子供自身が治そうという気持ちがなければ治療は失敗してしまうこともあります。
保護者のサポートも大切になるので、矯正をする場合は痛みなどの体への配慮に加えて、精神的な支えにもなってあげましょう。

もし、子供の歯並びに悩みがあれば早く矯正歯科に行きましょう。
早く受診すれば成長に合わせた治療が可能になります。
状態によっては、歯並びの状態が変わってから治療を開始することもあります。
マウスピース矯正を希望していても、症状によってはワイヤー矯正を行うこともあります。
実際にお口の中を見てみなければ、状態が正確に把握することができないからです。
子供の状態によっては、治療をしなくても済む場合もあります。